病院で注意したいこと

病院でのプライバシー

トップ

病院でのプライバシー情報

  • 付き合いの長い病院
  • 新着情報

    病院以外で注意したい情報漏えい

    医療情報は電子化や匿名化され、病院側がプライバシー保護の対策を行っていれば情報が漏れないと一般的には考えてしまいがちですが、患者側でも注意をしなければいけないことがたくさんあります。注意を怠ると、思わぬ形で情報をばらまいてしまうことがあります。それは病院から渡される処方箋であったり、調剤薬局などから渡されるお薬の説明書類です。処方箋を手に持ったまま順番待ちをしていたりすると、情報を欲しいと考えている人が側にいたなら簡単に覗き見られてしまいます。お薬の種類や飲み方が記載されている用紙も、その辺のゴミ箱に捨てたりすると、用紙に書かれている氏名や薬の内容から病名まで推測されてしまうので、必要ないときには裁断してから捨てるのが安心です。

    木の床

    大病院でのプライバシー保護対策

    最近、大きな病院などでは「外来等で患者名を呼ばない」ところが増えていませんか?番号で呼ばれ、どうしてもやむをえない場合だけ名前で呼びかけるなど、患者のプライバシーを守るための取り組みが増えています。院内では、職員から守秘義務を守る旨の誓約書を提出させることもあるようですし、入院病棟などでも、病室の入口(廊下側)のネームプレートを中止する(番号のみにし、名前は病室内に提示する)など徹底したプライバシー保護を行うようになってきています。徐々に病院主体の医療ではなく、患者主体の医療に変わってきているようです。