身近な医療機器とは

最新の医療機器を使用する

トップ / 最新の医療機器を使用する

病院でのプライバシー情報

医療機器とはどのようなものか

医療機器というと、レントゲンやCTのような大掛かりなものを想像しますが、ハサミやメスといった小型のものから、人工呼吸器、ペースメーカーなど様々なものがあります。身近なものでは、メガネやコンタクトレンズ、銀歯なども含まれます。医療機器は、患者さんに対して安全に使用できるように、薬事法で細かく定められています。ですから、誰もが作ったり販売できるものではありません。品質や安全性が確保されたもののみが、医療で使用できるように規制されています。小型のものから大型のものまで、4000を超えるものがあります。